スポンサーリンク

純正カメラを社外ナビに接続 「カメラ接続アダプター」

カメラ接続アダプター
この記事は約3分で読めます。

こんにちはkamichikiです。車いじりは全くの素人。古い車種ながらもカスタムカラーで早くも家族のお気に入りの車となったステップワゴンRK1。これから少しずつサンデーメカニックしていく予定です。

わが家の2009年式のステップワゴンRK1。少しづつ車イジリが楽しくなってきました。ヤフオクでパナソニックのストラーダナビを落札しDIYで取付けました。しかし、純正バックカメラは社外ナビに対応していないので映りません。リアカメラ接続アダプターを使ってストラーダで映るようにします。

作業時間:120分以内
難易度:★★
スポンサーリンク

取付商品

スポンサーリンク

リアサイドライニング取外し

ステップワゴンRK1の純正リアカメラを制御している左リアサイドライニング内にあるTVチューナーはります。このチューナ部分に「カメラ接続アダプター」を接続すれば、社外ナビにカメラ映像を出力することができます。リアサイドのライニングを外さないといけないのが非常に面倒ですが、バックカメラが使えないと不便なので取り付けていきます。

リアサイドライニングの取り外しまでは以下の記事を参考にしてください。

リアサイドライニングデッドニング
わが家の2009年式のステップワゴンRK1。少しづつ車イジリが楽しくなってきました。スピーカー交換をしてドアトリム(内張)の外し方がわかったので、制振材と吸音材を貼りつけプチデッドニングをしてみます。アウターパネルは、ブチルゴムの処理が...

この状態にします。

リアサイドライニング

カメラ接続アダプター取付

データシステムの「リアカメラ接続アダプター RCA034H」を取付けていきます。アダプターの型番は、車種適合表にて確認してください。

カメラ接続アダプタ

 

カメラ接続アダプター

左側の後部に取り付けてあるのがTVチューナーです。ここから電源や映像出力をとっていきます。

カメラ接続アダプター

TVチューナーの16ピンコネクタからACC電源を分岐します。車両側配線の紫色がACC電源になります。接続アダプターの赤線をエレクトロタップで割り込ませ接続しました。

カメラ接続アダプター

説明書にあるバックアップライトのプラス線とはバックライトのコネクターからでている赤線になります。説明書によって名前の統一感がなく理解するまで時間がかかりました。リバースに入れた時に電気が流れる線になります。検電テスターで確認しましょう。

バックアップライト+

テールランプユニットから車内に引き込まれている、配線の束の中から赤線みつけます。このリバース線を分岐して製品の紫線と接続します。

カメラ接続アダプター

配線チューブを少し剥いて、エレクトロタップでリバース線を分技しギボシ接続しました。

カメラ接続アダプター

余ったコードは適当にタイラップでまとめて固定します。
TVチューナーの7ピンコネクタを外して、そのコネクタにカメラ接続アダプターを接続します。

カメラ接続アダプター

写真がないですが、ここからRCAピンケーブルを延長の接続し、リア、フロントのスカッフプレート内を通してグローブボックス裏を経由、ナビのカメラインに繋いでいます(ナビを交換した時に延長ケーブルは設置済み)。

ここまできたら一旦動作確認。シフトをリバースに入れ、ナビにバックカメラからの映像が映ることを確認しました。よかった。バックカメラ自体が古いのですが、思っていたより映りは悪くありませんでした。

でもせっかくなのでパナソニックのバックカメラを取り付けしたいですね。また、ヤフオクかメルカリで中古品を探してみます。バックカメラ設置の難関、リアゲートの蛇腹通しが心配ですがカメラ入手出来次第チャレンジしていきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました